時間について考えてみました。

時間 雑記

「時間とお金は同じぐらい貴重なものだから、無駄にしてはいけないよ」という意味の「時は金なり」という言葉があります。

アラサーの現在、お金や時間、今後について、色々考えるようになりました。

今まで漠然と考えていた時間について、今回は「私の人生、自由時間は残りどのくらいあるのか」に着目し、ざっくり数値化してみました。

前提条件

  • 現在年齢、アラサーなので、30歳で設定。
  • 寿命は80歳と仮定。
  • 睡眠は一日7時間30分使用すると仮定。
  • 食事・風呂は一日合計2時間使用すると仮定。
  • 仕事は一日9時間労働、完全週休2日制、60歳定年と仮定。
  • 睡眠/食事・風呂/仕事以外の時間は自由時間と設定。

全体の残り時間は?

寿命 - 現在年齢 = 残りの年数

80 - 30 = 50(年)

月換算すると、50 × 12 = 600(月)

日換算すると、50 × 365 = 18,250(日)

時間換算すると、 50 × 365 × 24 = 438,000(時間)

睡眠/食事・風呂で生涯使用する時間は?

一日の使用時間は、7時間30分 + 2時間 = 9時間30分(=9.5時間)

生涯使用する時間は、50 × 365 × 9.5 = 173,375(時間)

仕事で生涯使用する時間は?

定年 - 現在年齢 = 残りの勤務年数

60 - 30 = 30(年)

完全週休2日制で日換算すると、30 × 365 × (5 ÷ 7) ≒ 7821(日)

一日9時間労働で時間換算すると、7821 × 9 = 70,389(時間)

残りの自由時間は?

全体の残り時間 - (睡眠/食事・風呂で生涯使用する時間 + 仕事で生涯使用する時間) = 残りの自由時間

438000 - 173375 - 70389 = 194,236(時間)

日換算すると、194236 ÷ 24 ≒ 8093(日)

月換算すると、8093 ÷ 30 ≒ 270(月)

年換算すると、270 ÷ 12 = 22.5(年)

まとめ

全体の残り時間は、50(年)、438,000(時間)

残りの自由時間は、22.5(年)、194,236(時間)

考えれば当然ですが、自由に使える時間は、全体の残り時間の半分もありません。

洗濯や生活用品の買い物、付き合いや仕事の残業などを含めると、これよりさらに少ないものになるでしょう。

残りの人生、どう時間を使っていくか、無駄にしないよう、真剣に考えていこうと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分の時間 [ アーノルド・ベネット ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/3/30時点)