5Gについて、ざっくり調べてみました。

5G その他

ここ最近、「5G」というワードを見聞きすることが増えました。

それだけ注目度が高いということは、なんとなく感じています。

ただ、スマホの通信速度がもっと速くなるのかなぁぐらいしか思い浮かばず、生活にどう影響するのか、いまいち分かっておりません。

そこで今回は、疑問を解消すべく、5Gについてざっくりですが、調べてみました。
(参考にさせていただいたサイトの紹介、引用がメインとなりますが……)

参考にさせていただいたサイト

今回5Gについて調べる上で参考にさせていただいたサイトです。
知りたかったことがドンピシャで書いてありました。

5Gとは? 5Gになると、どうなるのか?

(1)特徴は高速大容量、低遅延、多数同時接続

5Gは通信網の「第5世代」を表します。総務省が10日の電波監理審議会を経て、専用の電波をNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルに割り当てます。高速大容量がメリットの一つで、スピードは毎秒20ギガ(ギガは10億)ビット。2時間の映画のダウンロードに5分程度かかっていたのが3秒で済む速さです。通信につきもののタイムラグも大幅に改善され、スマートフォン(スマホ)など個別の機器と基地局の間の通信は1ミリ秒(0.001秒)しかかからず、4Gと比べると10分の1になります。多数同時接続は、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及に欠かせない機能です。車や家電、ロボット、監視カメラなどの膨大な通信を支えます。

5G通信のメリットは? 3つのポイント  :日本経済新聞より引用

「2時間の映画のダウンロードに5分程度かかっていたのが3秒で済む速さ」、驚愕ですね。

「高速大容量」「低遅延」「多数同時接続」は5Gのキーワードのようです。

また、「高速大容量」「低遅延」「多数同時接続」がどのように活かせるのかは、以下サイトの「5Gが活用されたらどうなるの?」が参考になりました。

「完全自動運転の実現」「遠隔医療」など、5Gの可能性を感じると共に、5Gを活用する社会は、今と大きく変わっているだろうと推測できます。

そして、スマートフォンで動画を見ない、IoT機器を利用していない私が、生活にどう影響するのかピンとこなかった理由も分かった気がします(笑)

5G以前はどうだったのか?

私自身、3G、4Gというワードは聞いた覚えがありますが、1G、2Gは聞いた覚えがありません。

いつごろの携帯電話やスマートフォンを使用していた時が「何G」に該当するのかピンとこない、という方も私同様、いるのではないでしょうか。

そんな疑問は以下サイトの2つ目の動画がイメージしやすく、分かりやすかったです。

動画を見て、私は3Gのときに初めて携帯を所持したので、1G、2Gを聞いた覚えがない、関心がなかったのだと、納得しました(笑)

調べて思い浮かんだ疑問・不安

私はスマホを、月の通信量が2GBを超えると速度制限が掛かるプランで利用しています。

「5G」が利用できるようになったとき、誤ってスマホで2時間映画ぐらいの容量の動画を数秒読み込んでしまったら、一気に速度制限に引っかかってしまうのかなぁと、少し不安です。

普段スマホで動画は見ないのですが、誤操作した時、ものの数秒で通信量制限に到達する可能性があるのかと考えると、少し怖いです(笑)

最後に

今回調べたことで、何も知らなかったときに比べれば、5G時代到来の心構えは少しできた気がします。

そして、調べてみて良かったと思いました。

最後に、上で紹介したのと同じになりますが、参考にさせていただいたサイトを再掲します。
とても分かりやすかったで、ぜひ参考にしてみてください。