Evernoteの基本的な操作方法

Evernote

前回『Evernoteを使い始めました!』に続き、今回は、Evernoteの基本的な操作方法について、ご紹介します。

以下の操作説明はWeb版を利用したものです。

操作環境
  • PC:MacBook Pro
  • OS:macOS High Sierra(バージョン:10.13.6)
  • ブラウザ:Google Chrome(バージョン:73.0.3683.86(Official Build)(64 ビット))

ノートを作成する

画面左上にある[(+)新規ノート]をクリックします。

画面右側に新規ノートが表示されるので、赤枠部分にノートのタイトルを、青枠部分にメモしたい内容を追加します。

入力後は、以下のように表示されます。

これでノートが作成できました。

ここで「保存はどうするの?」と疑問に思うかもしれませんが、Web版では自動保存されるので、上書き保存等の作業は要りません。

また、初期状態ではノートは「自分のノートブック」という名前のノートブックに保存されます。

タグを付ける

ノートが作成できたら、作成したノートにタグを付けます。

Evernoteを使い続けてノートの数が増えていくと、ノートを探すのに時間が掛かってしまう場合がありますが、様々な検索方法が用意されている為、効率良く探すことができます。

その検索方法の一つにタグがあります。

作成したノートの内容のキーワードなどをタグに入れておくと、後で探すとき、見つけやすくなります。

操作方法は簡単で、開いたノートの下部の赤枠部分に、入力するだけです。

入力後、[enter]キーを押す、または、他の操作(ノートのタイトルや本文をクリックなど)に移ると、タグが追加されます。

また、1つノートに対して複数のタグを付けることができます。

ノートブックを作成する

ノートブックを利用することで、ノートの大まかな分類(整理)ができ、ノートが増えていったときに、ノートが探しやすくなります。

新規作成

1.画面左側にある[ノートブック]をクリックする。

2.画面右側にノートブックリストが表示されるので、[新規ノートブック]をクリックする。

3.ノートブックの名前を入力し、[続行]ボタンをクリックする。
※ここでは例として、「プライベート」という名前でノートブックを作成します。

これでノートブックが作成できました。

ノートを他のノートブックに移動する

方法は2通りあります。

ノートブックを開いている場合

ノートを移動させたいノートブックにドラッグ&ドロップします。

ノートを開いている場合

画面右上の[︙]をクリックし、[移動…]をクリックします。

移動させたいノートブックをクリックし、[移動]ボタンをクリックします。

これでノートを別のノートブックに移動させることができました。

以上が、必要最低限のEvernoteの基本的な操作方法となります。

次回は、ノートの基本的な操作方法とWebクリッパーの使い方について、書こうと思います。